こんにちは、あーりーです。
今回は「ドットピクト!」を紹介します。

このアプリは8bit世代にはもちろん、最近静かに流行しているドット絵を描くのに特化したものです。

主な機能は以下の通り。

ドットの描画
ズーム
枠の表示・非表示の切り替え
全体をずらす
塗りつぶし
アンドゥ・リドゥ

普段PhotoshopやEDGE等でドット絵を描くことを生業とする筆者としてはここまで機能が限定されていると物足りないものを感じますが、逆に考えるとエントリーモデルとしては充分わかりやすいものとなっているのではないのでしょうか。

ari0092

カラーパレットは16色です。
あらかじめ決められたカラーのパレットをダウンロードして使います。

AppStoreでダウンロード

GooglePlayでダウンロード

それでは早速描いてみましょう。
デフォルトのパレットで、16×16ピクセルのカンバスに描くと以下の雰囲気に。

ari0093

ちょっと手を込んだ感じにするとこんな感じに。

ari0090

ちなみにパレットはダウンロードパレットのスチームパンクというものです。

描画の方法は、カンバスの描画したいドットの上にカーソルを動かし、
下部の「dot!」の領域をタップするかたちになります。

また、作業中は余計な広告が入らず、動作がもたついたりせず軽快なのが嬉しいところです。

上記の通り、パレットカラーが16色、細かい色の調節ができない、昨日も最低限、
と本格的にドット絵を描きたい方には物足りないかもしれません。
ライトユーザー…あるいは制限された機能の中で描きたい職人気質の方向けですね。

完成したドット絵はTwitterやInstagramなどのSNSで、またLINEやメールに添付して送信することもできるので、
仲間内で自信作を持ち寄るのもいいですね。

隙間時間でちょこちょこ描くのもよし、
限定された機能に燃えるのもよし、

ドットピクトはなかなか侮れないアプリです。

IMG_20160222_164522_096無料
カテゴリ: エンターテインメント
更新: 2016年2月3日
バージョン: 1.3.0
サイズ : 10.0 MB
言語: 日本語、英語
販売元: MASAKI MITSUYAMA
© (c)dotpicko
4+ 評価
互換性: iOS 8.0 以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応。

AppStoreでダウンロード

GooglePlayでダウンロード

アーカイブ