以前からリリースを待ち望んでいたスマートフォンアプリ「Gun Fire」が
リリースされたのでゲームの内容とプレイした感想を書きたいと思います。

AppStoreでダウンロード

GooglePlayでダウンロード

まずゲームの世界観ですが、プレイヤーはバイオテロ組織“NOBA社”と戦う
特殊部隊“ファントム隊”の隊員となり、次々と現れるウィルス感染者
“ウォーカー”やNOBA社のテロリストを倒していき、組織の壊滅を目指す
内容となっています。

IMG_2196

プレイスタイルはFPSとなっており、ストーリーモードでは物語に沿った
内容のミッションをクリアしていく他、マルチプレイモードでは全世界の
プレイヤーと協力してボスの討伐をしたり、プレイヤー同士での
バトルロワイアル等、多彩なゲームモードでプレイを楽しむことが可能と
なっています。

また、ゲーム内ではプレイヤー同士でクランを組むことが可能で、他の
プレイヤーとのコミュニケーションを楽しみながらチームで競い合う
クラン戦も実装されています。

ここからは実際に私がプレイした感想になりますが、まず操作性の
良さに大変驚かされました。バーチャルパッドのレスポンスの良さや、
スマートフォンでも操作がもたつかない自動射撃機能(on/off切り替え可能)
等、これまでもFPSのスマートフォンアプリはいくつかありましたが、
Gun Fireは家庭用ゲーム機のようなシビアなエイミングとスマートフォンの
独特の操作をうまく両立させた作品だと思います。

IMG_2198

ゲーム内での多彩なゲームモードも魅力で、ストーリーモードではゲームの
物語に沿って迫り来るウォーカー(ゾンビ)をバッタバッタと撃ち倒し、
クリア報酬やガチャで手に入れた装備をレベルアップさせながら、
マルチプレイモードでは全世界のライバルと実力を競い合うことができます。

1回のゲーム自体は5~10分程度で終わるため、ちょっとした空き時間でも
プレイできる内容ながら、敵を倒す快感や負けた時の悔しさ、プレイすれば
するほど強くなる感覚に取り込まれ、気がつくと何時間もプレイしてしまう
中毒性があります。

そしてゲームに慣れてくればクランに加入し、クラン戦に参加すれば、
クランの仲間とクランチャットで雑談をしたり、作戦をたててクラン戦に
臨めたりと、コミュニケーションをとりながらプレイを楽しむことができ、
より一層Gun Fireの世界にのめり込んでいきます。余談ですが、私個人としては
このクランやギルドといったチームを組むシステムは全部のゲームアプリが
取り入れればいいのにな?と思ってます。

ゲームで勝ったり、装備が強くなったときってそれを分かち合ったり、
褒めてくれるフレンドがいるとモチベーション上がりません?私だけ?笑

IMG_2201

とにかく!Gun Fireはゾンビゲームの爽快感とFPSならではのやるか
やられるかの緊張感、RPGのような成長していく楽しさに加えて、大人数で
ワイワイ楽しめるパーティ感を贅沢に盛り込み、それでいて各要素をうまく
両立させたゲームだと思います。まだダウンロードしてない方は是非
ダウンロードしてチュートリアルだけでもプレイしてみてください!
Gun Fireの物語とゲームシステムは幅広いプレイヤーが楽しめる
内容になっていると思います!

unnamed (4)無料
カテゴリ: ゲーム
更新: 2017年8月9日
バージョン: 1.5.326
サイズ : 172 MB
言語: 日本語、繁体字中国語、英語、韓国語
Android 要件
4.0 以上
販売元: Infraware Co.Ltd.
© SELVAS Inc.
以下の理由により年齢制限指定12+となっています。
まれ/軽度なアニメまたはファンタジーバイオレンス
まれ/軽度なバイオレンス
まれ/軽度な成人向けまたはわいせつなテーマ
まれ/軽度なホラーまたは恐怖に関するテーマ
互換性: iOS 8.0 以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応。

AppStoreでダウンロード

GooglePlayでダウンロード

アーカイブ