エスカレベーター

エスカレーターとエレベーターの違いが分からなくなった経験は、誰にでもあるのではないだろうか。
かくいう筆者は、純情な幼少時は異常に車酔いしやすい体質だったこともあり
エレベーターに乗ると気持悪くて動けなくなるので、えっほえっほと階段で移動していた。
その上、私の地元(※ド田舎)は町中にエスカレーターが一か所しかなかった。というわけで、あまり両者ともに親しみない存在であったこともあり
一時期は名称が混ざり合い、大変混乱したものだ。
大人になってみるとエレベーターとエスカレーターは全く別物であり
響きにも結構違いがあるということに気が付いて
もう間違うことはないという、絶対の自信までいつの間にか身に着けている。

エスカレベーター

AppStoreでダウンロード

そんな“絶対の自信”に一石投じてくるのが
本日紹介する『エスカレベーター』というゲームアプリだ。
ゲーム内容は至って単純。
出てくる画像を見て、エスカレーターなのかエレベーターなのか判断し、正しいものを選ぶだけだ。

簡単じゃないかと思った、そこのあなた!
ぜひ一度トライしてみて欲しい。
一度目は案外混ざり合わずにうまくいく。
しかし、ベストスコアを出そうとプレーを重ねるごとに
だんだんと訳が分からなくなってくること、間違いなしなのだ。
これも一種のゲシュタルト崩壊というのだろうか、
ゲームをプレーすればするほど、エスカレーターとエレベーターの違いがあいまいになってくる。
その上このゲームいじわるなことに時々
『エスカレベーター』とか『エベレーター』とか、
本物と微妙に違う言葉を混ぜてきて、プレーヤーを惑わせてくるのだからタチが悪い(※いい意味です)

30問ほどプレーし終えるときには、今迄の数十年の人生で培った自信は木端微塵に打ち砕かれ、精神はもうボロボロになっている。
大げさだといわれるかもしれない。
というか、少々大げさな表現ではあるが、今までの人生で積み重ねてきたものというのは、どんな小さなものでも壊されるとショックを受けるものだ。

エスカレベーター

若干の精神崩壊要素を含むものの、同時に意外にハマるゲームでもある。
筆者は周りの人々に普及したところ、二名中二名が中毒状態になる結果を得ることができた。
分母が少ないかもしれないが、百パーセントであることは間違いない。
そんな感じで友人同士、ベストタイムを競い合うのも楽しいし、一人で地道にプレーするのも楽しいだろう。

なかなかに奥の深いこちらのゲーム、ぜひ一度プレーしてみて欲しい。

エスカレベーター 1.0.3(無料)
カテゴリ: ゲーム, 教育, エンターテインメント, 単語
販売元: RUCKYGAMES CO., LTD. - RUCKYGAMES CO., LTD.
容量: 1.6 MB 評価: (978件の評価)

AppStoreでダウンロード




アーカイブ