私は、自己管理が出来ていなくて、どうにか自分を変えて行きたいと思っていました。そこで、まず第一歩として、家計簿を付けることから始めようと、ソフトを探していました。

何個かソフトを試しましたが、結局このソフトに落ち着きました。
入力が簡単で、操作が苦になりません。
必ず入れなければいけない項目は、金額だけですので、バタバタしているときは、それだけ入れておいて、後で落ち着いてからカテゴリーや品名を入力することもできます。
screen568x568-30

AppStoreでダウンロード


GooglePlayでダウンロード


初期設定のカテゴリーには、一般的に必要なものが登録されているので、そのままでも使えますが、私は子供の名前を追加して子供のオモチャとかを買った場合は、そちらの方につけてます。
こうすれば、子供が何か欲しいと言ってきた時も、すぐ、「これだけ今月使ってるから、ダメでしょう」とたしなめることができます。

また、家飲みが好きなので、家飲みカテゴリーを作っています。どれくらい使ったのかを見て、お店で飲むよりどのくらい安くついたかを見て自己満足したりしてます。
screen568x568-29
月の締日も変更できるので、私は給料日の前日を締日にして、給料の入金と合わせています。

また、結果もリスト・グラフもキレイに両方出ますので、目に見えて使った量が分かります、

家では嫁が別に家計簿をExcelで管理していますので、帰ってから別に入力し直しています。
screen568x568-31
私が使っているのは無料版ですので、データの出力できないですが、有料版だとExcelの形式で出力できるそうです。
また、有料版だと、EverNoteやDropBoxとの連携・レシート読み取りの機能とか色々使えて便利そうです。
もう少し、今の機能に慣れたら、有料版を購入してすべての機能を使えるようになりたいです。
screen568x568-28screen568x568-27

AppStoreでダウンロード


GooglePlayでダウンロード


 




アーカイブ