PhotoCal with EventPhotoCal with Event

iPhoneやiPadをいつも持ち歩いているとどんどん写真を撮ってしまいますよね。ちょっとしたメモ代わりにパチリパチリと撮っているうちに「あれ?あの時撮った時刻表の写真はどれだっけ?」とか「彼と前回あったのはいつだったっけ?」と欲しい写真が見つからないことってありますよね。この写真撮ったのはいつごろかという問題も一応フォトストリームの並び順から見当は付きますが細かな情報はすぐにはわかりません。

写真を気軽に撮れたり、一枚の写真から色々な加工写真が作れたりする一方で写真管理は撮影(作成)順に並べているだけ、という人にぜひ活用していただきたいのがこのアプリです。このアプリはなんとカメラロールに入っている写真をすべて撮影した日付順に(写真を加工して再登録した場合は登録した日付)カレンダー表示してくれるというもの。

ひと月分のカレンダーの中に、その月のそれぞれの日に撮った写真がサムネイルのような感じでマス目の中に表示されます。

AppStoreでダウンロード

PhotoCal with EventPhotoCal with Event

その日付をタッチすると同じ日に撮った写真の一覧が表示されます。任意の写真をタップすると、その写真を撮った日付と時間、何枚中の何枚目なのかといった情報が表示され、キャプション(コメント)をつけて保存することもできます。

一日に何枚も写真を撮った日の場合、たくさんある写真の中から1枚を選び、右下の矢印をタップしてその日のカレンダーに表示させる写真として選ぶことができます。もともと何かしらの写真がカレンダーに表示されていますが、お気に入りの1枚に変えることもできるのです。

このアプリから写真を撮ることもできます。またキャプションのほかにその日のイベントなどについて詳しい情報を別途入力する機能も付いています。

シンプルといえばシンプルですが、使ってみると写真管理が大変楽になりますし写真をますますメモ代わり・日記代わりに有効に使うことができるようになり、本当に便利です。

是非お試しあれ!

PhotoCal with Event 1.2(¥250)
カテゴリ: ライフスタイル, 仕事効率化
販売元: YunaSoft Inc. - YunaSoft Inc.
容量: 1.9 MB 評価: (8件の評価)
iPhone/iPadの両方に対応

AppStoreでダウンロード

アーカイブ