ソウル サクリファイス

『魔法で狩ろうよ!』のCMでおなじみ、PSVitaの新作ソフトです。
昨年末からまだかまだかと発売をじりじりと待っていたんです、これを!
ちなみに、共闘プレーが熱いと言われている本作ですが、筆者に友人が少ないため、シングルプレーの感想となりますことをご了承ください。

ソウル サクリファイス

ゲームを起動してまず感じるのが、映像の美しさ。
この画質、本当に携帯ゲーム機なのだろうか?

ファミコン全盛期に生まれた筆者は、その進化に思わず遠い目をしてしまう。
だが映像の美しさなんてのは、あくまでゲームのおまけに過ぎない。
そんな自説を振りかざしつつNEW GAMEを選択。
オープニングの映像ももちろん美しいのでそのあたりは割愛。

ソウル サクリファイス

個人的に心震えたのは、プロローグから伝わる素晴らしい世界観!
ラスボスであろう魔法使い・マーリンによって生贄にされていく人々を人骨が転がる不気味な檻の中から眺めているプレイヤー。
ムービーの途中でプレイヤーが操作を許されるんですが、その動きも緩慢で、また限られた範囲しか動けないのも良い。

……造りこまれた重厚なダークファンタジーの雰囲気に、すでに期待値は最大!
そうして、ただマーリンの供物になるしかない主人公の前に現れるのが、しゃべることのできる不気味な日記帳・リブロム。

ソウル サクリファイス

リブロムと出会うことで、ただ消費されるだけだった主人公の人生が大きく動き始める。

ゲーム全体に漂っている、何とも言えない良い意味での不気味さは、昔PS2で出た名作「RULE of ROSE」を彷彿とさせて、ピンポイントで私のテンションを上げてきます。
これは期待通りの、いや期待以上のゲームなのかも!

ソウル サクリファイス

そんな筆者の盛り上がりは置いといて、ゲームはレクリエーション的な戦闘に突入します。
発売前からモンハンと比較されていたことは知っていたので元々戦闘にはあまり期待せず、ストーリーを楽しむこと重視だったのですが
実際やってみると、あら、戦闘、楽しいじゃない!

動きも軽いし、攻撃時の派手なエフェクトは「あ~、魔法使ってる!」という実感があって気持ちがいい。
プレイしてみた感じではモンハンとは全く別物のように思えます。

あとはやっぱり敵を倒した後、『犠牲』にするのか『救済』にするのかが選べるのは、画期的ですね。
かわいそうだからと救済ばかりしていては、先に進めない。
このダークな世界観にぴったり合った、良いシステムだと思います。

まだ最後までクリアできてないのですが、総合的に見れば、とてもよくできたゲームだと思います。
映像、音楽、ストーリー、戦闘システム、すべてが平均的に高いレベルで落ち着いています。

キャラクターもそれぞれに魅力的ですし、正直な話、不気味可愛いリブロムを愛でるだけでも、ものすごい楽しいです。
あと、共闘じゃなくても楽しいのかと不安に思っている方、大丈夫です!
一人でやっても十分楽しめますよ!実証済みです!

そんな感じで、久しぶりに出た本格ダークファンタジーゲームなのでVitaお持ちの方はぜひプレイしてみて欲しい、おススメ作品です!

SOUL SACRIFICE ソウル・サクリファイス (通常版)

SOUL SACRIFICE ソウル・サクリファイス (通常版)

定価:¥ 6,151

Amazon価格:¥ 890

カテゴリ:Video Game

発売日:2013-03-07



ソウル・サクリファイス 公式ガイドブック (ファミ通の攻略本)

著者/訳者:週刊ファミ通編集部

出版社:エンターブレイン( 2013-03-07 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,944

単行本(ソフトカバー) ( 191 ページ )

ISBN-10 : 4047288284

ISBN-13 : 9784047288287





アーカイブ